「限りなく自然に近い栽培」がおいしさの秘密。熊谷峰男さんが育てたマザーリーフのための紅玉リンゴ

紅玉リンゴとフロマージュブラン・ワッフルで使用しているリンゴは、
リンゴ農家・熊谷峰男さんが育てた「紅玉リンゴ」です。

紅玉リンゴ マザーリーフ
紅玉リンゴ マザーリーフマザーリーフスタッフと熊谷さん(右)

熊谷さんの下久保農園は岩手県盛岡市の郊外にあります。

「可能な限り自然に近い形で栽培する」ことに取り組んでいるためリンゴ園の中は草が生えています。
雑草が生えると、土は柔らかくなり栄養が高くなります。
リンゴの木にも良い事がたくさん起こります。

一般に、草が生えていると害虫が発生してしまうように思えますが、害虫と一緒に天敵となる虫も発生します。

ただ、雑草をはやして栽培するには、病気を防ぐためにこまめに風通しの確認をしたり、あまりにも草が多くなりすぎないよう、草刈りをしたり・・・
除草して育てるよりとても手間がかかるのです。

紅玉リンゴ マザーリーフ実をひとつづつ試食して、味を確かめます

栄養剤も極力与えません。

たっぷり栄養を補給してあげれば一つ一つの実を大きく育てられます。 大きな実は人気があるので高く売れるし、同じキロ数の出荷でも詰める個数は少なくなるので手間がかかりにくくなります。
それでも熊谷さんは、栄養剤を多用しません。

そうすると、リンゴの樹は自分の力できちんと栄養を取ろうとします。本来のリンゴの味、果実の自然なそれでいて強い味を大切にしているのです。
実は小さくなってしまい、手間もかかりますが熊谷さんは、リンゴの樹をあえて【空腹】にして、ギリギリの状態を見極めるようにしています。その為に、1本1本の樹を大切に見守っています。

今では講演をされるなど、リンゴ農家の方には『先生』と呼ばれることもある熊谷さん。今年、リンゴ農家となって30年が過ぎたそうです。 それでも今年伺ったマザーリーフのスタッフにこうおっしゃいました。

『リンゴの収穫は年に1回しかできないため、30年=30回の収穫となります。
 だから、私はまだ30回しかリンゴの収穫をした事がない。
 まだまだ勉強中。もっともっと美味しいりんごを育てるため
 チャレンジをし続けたいと願っています』 と。

どこまでも謙虚で、自然体な熊谷さんに育てられたピュアなリンゴ、ぜひ、マザーリーフのお店で
試してみてください!

紅茶豆知識
ちょっとの工夫で紅茶をおいしくいれるコツ

お客様がお見えになった時、本格的な紅茶をサービスしたい!
でも、どうやればうまくいれられるのか、分からない。そんな方へ、プロのティーメイクのコツを教えます!

1.ティーポットで入れる場合(1杯分)

( 1 ) ティーポットを温めてから、茶葉を小さじ2杯入れます。(ポットサービスの茶葉は、人数分プラス1杯が基本!)
( 2 ) 水道水をやかんにたっぷり汲んで火にかけ、沸騰する寸前(95℃〜98℃)のお湯をポットに350cc注ぎます。
( 3 ) フタをして3分蒸らし、茶こしを通してカップに注ぎます。

紅茶紀行
スリランカレポート 紅茶のふるさと・スリランカの茶園を訪ねて
〜豊かな自然と子供たちの歓迎に感動!〜

横浜スカイビル店 結城店長

スリランカレポート 紅茶のふるさと・スリランカの茶園を訪ねて

7月2日から9日にスリランカ研修に参加させて頂きました。たくさんのお客様に飲んで頂き、また私自身もずっと飲んできたマザーリーフの紅茶が、どんな所で、どんな空気の中で、どんな人たちがどの様にして作っているのか。自分の目で見られるという貴重な体験となりました。

一番感動したことは、茶園の学校へ行って子供たちに会えたことです。子供たちの目はキラキラしていてとてもきれいでした。地震のことも知っていました。心配して山の上にあるテレビの所まで行ってニュースを見ていたそうです。「私たちには祈ることしか出来ません。」と先生が言っていました。自然と涙が出ました。

この貴重な体験を活かせるように、毎日お店で淹れている紅茶を、より一層心をこめていきたいと思います。

一面に広がる茶園はどこまでもきれいな緑一色。

一面に広がる茶園はどこまでもきれいな緑一色で、
その中でせっせと働く茶摘みさんは色とりどりの服を着ていてお花みたいでした。

バスが学校の前に着くと、子供達が出迎えてくれました。

バスが学校の前に着くと、子供達が出迎えてくれました。

旬のコラム
「1日1個のりんごで医者しらず」。ヘルシーな果実!? 「りんご」のひみつ

秋の味覚を代表するりんご。食物繊維やビタミンC、ミネラル、さらに抗酸化力が強いとされる、りんごポリフェノールが豊富に含まれており、昔からヘルシーな果物として親しまれてきました。海外では「1日1個摂るだけで、医者がいらない」ということわざがあるほどです。

この秋のマザーリーフでは角切りりんごたっぷりのピューレを合わせた「角切りりんごのアイスティー」をご用意いたしました。ポリフェノール豊富な紅茶との相乗効果も期待でき、食欲の秋に嬉しいヘルシーティーの登場です!