Mother Leaf通信知っていると、ティータイムがもっと楽しめる、紅茶やスイーツの雑学や情報のミニコラムです。

2013年12月号

苺はビタミンCがいっぱい!

今年も苺の季節になりました。真っ赤で可愛らしい苺は、じつはビタミンC豊富な優秀スイーツ。100gに約60mg程のビタミンCを含み、カロリーは30キロカロリー前後。適度な甘さと酸味はフレッシュでの美味しさはもちろん、ジャムやソースに加工しても楽しむことができ、スイーツのトッピングや、紅茶に加えてお召し上がりいただくのもおすすめです。

マザーリーフでは、12月から苺をふんだんにデコレートしたアレンジティーやスイーツをご用意致しております。季節の美味しさを、ぜひお楽しみください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

★マザーリーフ店舗でこの冬おすすめのペアリング

食べ物を主役にして、合わせる飲み物を考える“ペアリング”。合う・合わないというだけでなく、飲み物によって主役である食べ物の感じ方が変わることも楽しみの一つです。

この冬にマザーリーフがご提供している季節限定のワッフル「苺たっぷりのワッフルやショートケーキ」にベストマッチの紅茶は、「イングリッシュミルクティー」です。イングリッシュミルクティーがホイップクリームの油分を軽やかに流し、クリームの甘さと苺の風味を最後まで心地よく楽しんで頂けるペアリングです。

スイーツを食べてから、ミルクティーを一口。そしてまたスイーツ。ぜひお店でお試しください。

<ここがポイント!>

 スイーツが何倍にも美味しく感じられるミルクティーのポイントをご紹介します。

●紅茶

・やかんにお水をたっぷり汲み、強火で沸かす
・ポットに茶葉をティースプーン2杯分入れる
・95〜98℃に沸騰したお湯をポットに勢いよく注ぎ蒸らす

●ミルク

・低温殺菌牛乳を使用する
・ミルクは加熱せず、できれば常温で使用する

●ティーメイク

・ティーカップを温める
・カップにミルクを25〜30t入れてから、紅茶を注ぐ
・カップの紅茶が美味しそうなクリームブラウンになったらベスト!

 

2013年10月号

★11月1日は「紅茶の日」

毎年、11月1日は「紅茶の日」です。これは、日本人が最初に紅茶を飲んだであろうと思われている時期にちなんでいます。
日本で最初に紅茶を飲んだのは、大黒屋光太夫という伊勢の船頭さんと言われています。江戸時代の中期、光太夫は駿河湾沖で暴風雨に遭遇、ロシアとアラスカの間まで漂流しました。ロシア人らに助けられ、当時、黄金の国と呼ばれた未知の国からの賓客として、時の皇帝エカチェリーナ2世に招かれます。帰国後の記録に“トルコや中国から輸入した茶に、砂糖や牛乳を加えたものを飲む”とあり、皇帝との謁見の時期が11月前後だったことから、後に日本紅茶協会が11月1日を紅茶の記念日として、“紅茶の日”と定めました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

★マザーリーフ店舗でこの秋おすすめのペアリング

紫いもと栗のモンブランワッフル


食べ物を主役にして、合わせる飲み物を考える“ペアリング”。
合う・合わないというだけでなく、飲み物によって主役である食べ物の感じ方が変わることも楽しみの一つです。この秋にマザーリーフがご提供している季節限定のワッフル「紫いもと栗のモンブランワッフル」に合う紅茶をご紹介します。

お店で、ぜひ試してみてください。

---------------------------------

●イングリッシュミルクティー (ウバ)

1杯目はストレートで。ウバのキレのある渋みは紫いもや栗と相性ピッタリです。2杯目はミルクをたっぷり入れたミルクティー。意外かもしれませんが、ミルクティーの軽い乳脂肪はコクのあるクリームをさらっと流してくれます。ワッフルの優しい風味を残しながら最後の一口まですっきりと味わえるおすすめのペアリングです。

●ストレートティー (ルフナ)

甘く濃厚さを感じる香りとコクのある渋みが特徴のルフナ。紫いもと栗のクリームのほっこりとした甘さを引き立て、濃厚な余韻を楽しめます。香ばしさを感じるような、秋らしいペアリングです。

●シナモンチャイ

シナモンは、栗や芋との相性がとても良いスパイスです。そのままでも美味しい紫いもと栗のクリームに、ほのかなシナモンの風味を合わせることで新たな美味しさを発見できます。

 

2013年5月号

★フレッシュな摘みたての紅茶

日本では春から初夏にかけて作られる一番茶を新茶と呼びますが、一年を通して茶の栽培ができる熱帯のスリランカでは、工場でできたばかりの紅茶を『新鮮な茶』という意味で『新茶』と呼んでいます。
広大な茶園で手摘みされた茶葉は、すぐに製茶工場に集められて半日ほどかけて香り高い紅茶になります。できたての新鮮な紅茶を口に含むと、爽快な切れのある渋みと花やフルーツを思わせる甘くさわやかな香りを感じます。

紅茶も鮮度によって風味が大きく変化していくもの。私たちマザーリーフはこの新鮮さをお客様に感じていただくことを大切に考え、スリランカの5か所の紅茶産地から年に3回紅茶の新茶を入荷しております。
新茶ならではの風味と産地や季節ごとの個性の違いをぜひお楽しみください。

→新茶鑑定表はこちら(鑑定表にリンク)


-----------------------------------------------------------------------------------------------

★オリジナルドレッシングのご紹介

(写真:ドレッシング集合写真)

マザーリーフの店舗で使われているドレッシングは、独自で開発したオリジナルのものです。
ご家庭でのサラダだけでなく、料理の隠し味にもお使い頂けます。
オリジナルのジャムと合わせてのギフトにも最適。
以下、ラインナップをご紹介します。

※一部取り扱いのない店舗もございます。

----------------------------------------------------

◎ストロベリードレッシング(期間限定)

フルーティーないちごの香りが広がる甘酸っぱいドレッシング。肉やハム・ベーコンなどの加工肉やチーズとの相性が良く、きれいな色合いを活かして料理のトッピング感覚でお使い下さい。また、肉料理などのソースの隠し味に使っても旨みが増しておすすめです。

★おすすめレシピ『春の鮮やかオープンサンド』★

スライスしたバケットにチーズやハム、ボイルしたエビをのせてストロベリードレッシングを少々かけます。仕上げにチリパウダーやペッパーなどお好みのスパイスをかけるのがおすすめ!(ライ麦などお好みのパンでお作りください)


-----------------------------------------------------------------------------------------------

◎ゆずドレッシング(期間限定)

フレッシュな柚子の風味とビネガーのさわやかな香りと酸味が楽しめる、期間限定販売のドレッシング。
大根サラダやオニオンスライスなどにかければ、素材の味を引き立て風味豊かにお楽しみいただけます。

★簡単アレンジ★

ぶりの照り焼きやカレイの煮つけなどの甘辛い味付けの料理を作るとき盛り付ける際に少し添えると薬味のように味に変化をつけてくれます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

◎イタリアンドレッシング

ソテーオニオンの甘みにベーコンや野菜の旨みを加えたコクと風味豊かなドレッシング。
白身の魚やホタテやイカなどさっぱりした魚介に良く合います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

◎胡麻としょうがドレッシング

生姜の香りと辛みの効いた後味すっきりのごまクリーミードレッシング。
鶏肉・豚肉や豆腐、根菜類などの淡泊な味の食材にコクと香りを与えます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

◎ブルーベリードレッシング

ブルーベリーの優しい甘さがビネガーの酸味をまろやかにしています。
チーズやサーモンなどややくせのある食材に少しかけて味のアクセントに。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

◎キャロットドレッシング

すりおろした人参と玉ねぎの甘さが活きたシンプルな味わい。
肉や魚介のサラダの仕上げに甘味と鮮やかな色合いをプラスして、見た目も味も抜群のごちそうサラダに!

 



このページのトップへ